VARIOUSCOLOR FANTASY 2

STORY
異世界からやってきた仲間達の活躍により、鉄仮面は黄金の果実を手にする事が出来た。皆がそれぞれの世界へと帰って行くのを見送ってから、丁度一年ほどが経過しようとしていた頃。
世界樹には謎の「黒化」という呪いが進行しており、冒険者達は皆一様にその原因の調査を行っていた。
そんな中、鉄仮面は黒化などそっちのけで今日も新しい食材を求めて探索を行っている。特に手伝う事もないのでと、ハチャベルは留守番をしながら調理器具の手入れをしていた。

だが、鉄仮面はその日・・・・・・帰って来なかった。

まぁ奥深くに潜ってしまうと、世界樹の中で野営したほうが良い事もある。
一日や二日、戻らない事もあるだろうと深く考えないようにした。

しかし、三日経っても、四日経っても鉄仮面は帰ってこなかった。

これは流石におかしい。何らかのトラブルに巻き込まれたのだろうと考え、麓の町で情報を集めようと仕度をしていた所で一人の傭兵が尋ねてきた。
彼が手にしていたのは鉄仮面からの手紙。なんでもダンジョン内で身動きが取れなくなった鉄仮面が世界樹の上から落としたのを拾ったのだという。
手紙には、こう記されていた。

「ハチャベル。へるぷ」

今度は鉄仮面(あのバカ)を助ける為、ハチャベルは再び異世界から戦士たちを召喚する事になった。